特選!広島近郊イベント情報

広島近郊で開催されるイベント情報をお知らせします。特に家族全員で楽しめるイベントを中心に選んでいます。お出かけにお役立てください。
八番レンタカーを借りてイベントに行こう。

注意:イベント名をクリックすると別ウィンドウが立ち上がります

イベント情報

2018.1.13(土)〜14日(日) AM10:00〜AM12:00  
広島市森林公園での新春イベント。杵と石臼を使ったもちつきを体験するイベント。ついたもちはぜんざいにして振る舞われる。先着300食。
2018.1.14(日) AM12:00〜PM5:00
山波地区に300年以上続く伝統の祭り。正月に人々と過ごした年神様が松の内の明けに、とんどを燃やす煙にのって天に帰ると信じられており、年神様に無病息災、家内安全、商売繁盛を祈りつつとんどに火を灯す。
2018.1.21(日) AM9:00〜PM3:00
広島宇品港でのイベント。呉市音戸の牡蠣生産者が自慢の牡蠣を直接販売する。その他、広島県産の農産物や加工品の販売もある。
2018.1.21(日) AM8:30〜
芸北での雪のイベント。雪上の格闘技「雪合戦」、雪上宝探しや餅つき、スノーモービルクルージング、チューブソリなどのイベントが開催される。また、北広島町ならではの味を楽しめるバザーコーナーもある。家族みんなで雪山の一日を楽しめるイベント。
2018.1.28(日) AM10:00〜PM3:00
大竹市の名産の一つであるカキを多くの人に楽しんでもらうまつり。カキの試食会、殻付きカキ、むき身の即売会が行われる。また、太鼓と地元神楽の共演、ビンゴゲーム、歌謡ショーなどたくさんのイベントが行われる。
2018.1.28(日) AM11:00〜PM2:00
防府天満宮の節分に合わせて行われる鍋の祭典。今年のテーマは「維新」。防府市内のみならず全国から地元のユニークな鍋が参加し鍋-1グランプリを盛り上げる。チャンピオン鍋は、来場者の審査によって決定される。昨年は1万人の参加があった。鍋以外の防府の味も堪能できるよう市内の飲食店の出店もある。
2018.2.3(土)〜2.4(日)
旧広島市民球場跡地での大牡蠣祭り。中国地方最大級の1万人の巨大牡蠣鍋など県内の旬が楽しめる。焼き牡蠣・かき飯などの牡蠣料理のほか、鯛飯・シャコのあぶり焼き・太刀魚の西京漬・たこ天・ちりめんなど瀬戸内の魚も堪能できる。RCCラジオの公開生放送も行われる。
2018.2.3(土)〜2.4(日)
庄原での雪合戦。西日本最大級。日本雪合戦連盟の公式ルールに則り、各チームの選手がシェルターを盾に、相手チームフラッグの獲得を目指し雪玉を投げる。優勝したチームは、北海道壮瞥町で行われる国際大会への参加権を得る。その他、様々な雪上イベントやステージライブも開催される。
2018.2.4(日) AM10:00〜PM3:00
呉ポートピアパークの恒例イベント。広島県内外から、海鮮鍋、きじ鍋、しし鍋、カニ汁など多種多様な鍋料理揃う。そのほかにも地元特産品の販売やステージではイベントも開催される。arrowブログ記事へ
2018.2.4(日) AM9:00〜PM3:00
音戸でのかき祭り。焼きがき、かき雑炊、かき鉄板焼き、かきや海産物の即売会が開催される。毎年多くの人でにぎわう。
江田島市カキ祭 広島県江田島市(小用みなと公園
2018.2.4(日) AM10:00〜PM2:00
カキのむき身では,全国有数の生産量を誇る江田島市で開かれるカキの祭り。殻付焼カキやむき身カキのバター炒めの試食や、地元の海産物・農産物を販売。また、柑橘類の品評会やステージでの楽しいイベントも行われ、祭りを活気づける。
2018.2.4(日) 
江戸初期から伝わる歳の市。ブリをさばいて売る昔ながらの「ぶり小屋」をはじめ、飲食や植木の露店が立ち並ぶ。代官詰所や関所も再現し代官の見回りもある。多くの買い物客や観光客で賑わう。江戸初期に、中津井にあった伊勢亀山藩の陣屋が奨励したため、繁盛するようになったといわれている。

長期イベント

2017.11.11(土)〜2018.1.8(月・祝) PM5:30〜PM9:00
国営備北丘陵公園でのイルミネーション。丘陵の地形を利用していろいろとデザインされた巨大なツリーや、色鮮やかなビッグパネル、4000個のシャンパングラスを重ねたシャンパングラスツリーなど、冬の夜空に60万球の光が幻想的に瞬く。
2017.11.18(土)〜2018.1.8(月・祝) PM5:30〜PM9:00
福山の遊園地みろくの里でのイルミネーション。遊園地らしくアトラクションに乗って遊べるイルミネーション。毎時0分と30分には光と音楽のショータイムが開催される。16時以降の入園大人900円,こども600円(3歳〜小学6年生)
2018.2.3(土)〜4.3(火) AM9:00〜PM5:00
旧久保田家住宅ほか、萩市内に古くから伝わるお雛さまを展示する。各所で様々な時代・種類のお雛様を見ることができる。萩ならでは小萩人形のお雛さまや毛利家に伝わる雛道具、八朔雛である土人形も展示される。最終日には流し雛が行われる。
免責事項:
当社が管理・運営するウェブサイトの情報の閲覧は、お客様ご自身の自己責任において行われるものであり、掲載されている情報等の内容の利用によっていかなるトラブル・損害(直接の損害、間接の損害の別を問いません)が発生したとしても、当社は、一切の責任を負いません。当社の管理・運営するウェブサイトの内容の完全さに関していかなる保証をするものではなく、間違い、不掲載についても、当社等は、一切の責任を負いません。

ページのトップへ戻る