特選!広島近郊イベント情報

広島近郊で開催されるイベント情報をお知らせします。特に家族全員で楽しめるイベントを中心に選んでいます。お出かけにお役立てください。
八番レンタカーを借りてイベントに行こう。

注意:イベント名をクリックすると別ウィンドウが立ち上がります

イベント情報

2018.6.16(土) PM4:00〜PM10:00
川根でのホタル祭り。メイン会場のエコミュージアム川根で佐々部神楽団のかがり火神楽が開催され、神楽を観賞後、ホタルの薬師会場に行き、かがり火の道を歩きながらのほたるを鑑賞する。
2018.6.16(土)〜6.17(日) 
金浦地区に源平の時代から伝わる行事。土曜日の夜に開催されるのが「ひったか」。「火を高く(掲げる)」ことから由来し、吉田川を挟んで向かい合う行者山と妙見山をそれぞれ源氏と平家に見立て提灯で絵模様を描き、その優劣を競う。絵模様はその年の世相を映し、宵闇に浮かび上がるまでは秘密とされている。
日曜日の正午頃(満潮時)に行われる「おしぐらんご」は、和船のスピードレースで語源は「漕ぎくらべ」。保存会による白熱したレースが行われる。
2018.6.23(土)〜7.1(日) AM9:00〜PM6:00
湯来町の恒例行事。午前中は魚釣り大会(500円)や魚つかみ取り(500円)があり、午後から歌謡ショー、神楽上演が開催される。魚つかみ取りに参加の際は水着必須。今年は6月23日と7月1日の2日間開催。大人も子供も一日中楽しめるイベント。arrowブログ記事へ
2018.6.23(土)〜6.24(日) AM10:00〜PM3:00
浅口市鴨方町の名産品と言えば「手延べ麺」。その手延べ麺を堪能できるイベント。地元生産者が製造した各社自慢の手延べ麺食べ比べや、無料素麺流し(1日2回)、手延べ麺(うどん)製造の実習体験会などが行われる。
2018.6.26(火) AM6:26〜
岡山県真庭市の湯原温泉郷での露天風呂のイベント。6.26(ろてんぶろ)の語呂にちなんで開催される。当日は、6:26 から多くの儀式、イベントが開催され、昼前には、内湯の無料開放、露天風呂の割引入湯が可能となる。なお、湯原温泉街は全国露天風呂番付で西の横綱に格付けされている。
2018.7.1(日)  
天然のすべり滝(ウォータースライダー)で有名な三郎の滝。その三郎の滝でゲーム大会が開催される。入賞者には賞品がある。
2018.7.1(日) AM10:00〜PM1:00 
萩沖で獲れる日本海の逸品「瀬付きあじ」が主役のグルメイベント。朝、まき網漁船から水揚げされた「瀬付きあじ」の即売会が行われる。アジ(鮮魚)を釣り針で引っ掛ける「あじ引っ掛け獲りイベント」(参加無料/小学生以下/先着100人)のほか、寿司の無料試食(先着500人)、あじの惣菜コーナー、一夜干無料試食(先着300人)、鮮魚貝500円均一市など、萩の海の幸を満喫できるイベント。
2018.7.7(土) PM5:00〜PM9:00  
竹原市での七夕祭り。竹原市内の企業や団体・子ども会によるユニークな七夕飾りが出現。市民を楽しませる。そのほか、ステージショーや露店市もあり、大勢の人で賑わう。
2018.7.8(日) AM10:00〜PM8:00 
広島大学東広島キャンパスでのゆかたまつり。さまざまなステージ企画や模擬店で賑わう。今年は広大オリンピックと題して、大喜利・クイズ・ジェスチャーゲームの3つの競技を行い、優勝ペアには焼肉 牛皇 商品券2万円分が贈呈される。フードの模擬店や、フリーマーケットがあり、特におばけやしきは大人気。エンディングでは多くの特大花火が打ち上げられる。
arrowブログ記事へ
河佐峡フェスティバル 広島県府中市(河佐峡
2018.7.8(日) AM11:00〜  
府中市河佐峡でのイベント。美しい渓谷河佐峡で川遊びをする1日。鱒つかみ取り大会ほか家族参加型のゲームなどが開催される。子どもも大人も楽しめるイベント。
2018.7.14(土) PM5:00〜PM9:00
呉市倉橋町での祭り。かつて遣唐使が寄港したとされる桂浜において、遣唐使行列の再現や地元の人々によるステージが開催され、屋台が出店する。夜8:30から3,000発の花火が倉橋の夜空を彩る。
2018.7.14(土)AM11:00〜PM8:30
廿日市市での水祭り。「豊かな水と緑に感謝しながら故郷の温もりを確かめ合う」をスローガンに、 岩倉温泉周辺で行われる佐伯の夏の大イベント。川魚のつかみ取り、林間コンサート、川魚水族館、 水中宝さがし大会など、水と緑に親しむためのイベントが盛りだくさん。夜には山あいから夜空に2,800発の花火が打ち上げられる。
納涼加計まつり 広島県安芸太田町(加計本通り
2018.7.14(土) PM6:00〜
加計での夏祭り。夜店市や芸能パレードが行われる。神輿やひょっとこ、川西の青森ねぶたが街中を練り歩く。青森ねぶたは小さいながらも大迫力で見ごたえがある。arrowブログ記事へ
2018.7.15(日) PM3:00ころ  
忠海駅での祭り。江戸時代後期から続いている伝統のある祭り。その年20歳になる青年がお祭りの主役(輿守)となり、法被に大小さまざまな猿のぬいぐるみをつけてみこしを回す。この特徴的な神輿のまわし方により広島県無形民俗文化財に指定されている。
2018.7.16(月・祝) AM10:00〜PM4:00
呉ポーでのイベント。18周年記念式典をはじめ、呉市内を中心に県内各所から飲食店が集合し、一大屋台村が出現する。また、ステージでは地元の子どもたちによるダンスやご当地ヒーローショー、地元アイドルが登場する。今年は呉氏が登場しステージを盛り上げる。arrowブログ記事へ
2018.7.21(土) PM4:00〜PM9:00  
東広島市黒瀬町での恒例の夏祭り。子ども向けの催しや抽選会、地元特産品の販売も行われる。エンディングには300発の花火が夜空に打ち上げられる。
おかげんさんまつり 広島県江田島市(長谷川付近
2018.7.21(土) PM6:00〜  
「おかげんさん」は厳島神社の管弦祭に由来した祭り。麦わらで船体を作り,願い事を書いた短冊・色紙などを飾り付け,ろうそくの灯をともして川に浮かべる。川に浮かべた麦わら船は,幻想的な光景を作る。
2018.7.21(土) PM4:00〜PM9:90  
三原市本郷でのお祭り。江戸時代の天保のころ飢饉、疫病が流行し、尼僧が地蔵を建てて供養したのが起源とされる。会場周辺には屋台が並び、ステージイベント、ビンゴゲーム、子どもみこし、「やっさ踊り」など多彩な催しを実施。また、フィナーレには三原の夜空を勇壮な花火が彩る。
2018.7.26(木)〜7.27(金)  
広島三大祭りのひとつで、「すみよしさん」として親しまれている住吉神社主催の夏祭り。直径3メートルの茅の輪をくぐる「茅の輪くぐり」や、無病息災を願う「人形流し」などが行われる。古来のこぎ伝馬も出る。
深山峡 滝と風のまつり 広島県安芸太田町(深山峡
2018.7.28(土)PM5:00〜PM9:10
加計・深山峡での夏祭り。約200個のキャンドルでライトアップされた遊歩道は幻想的な風景を醸し出す。また、大滝の水しぶきが起こす天然クーラーの涼風のもと、鮎の塩焼き、よもぎざる、とり串などの屋台が出現。地元神楽団による神楽の上演や、M・M・ミュージックダンスクラブによるダンス披露など、ステージイベントも開催される。
第43回三次きんさい祭 広島県三次市(三次市
2018.7.28(土) PM4:00〜PM10:00  
三次の夏祭り。約50数団体約4,000人が参加するパレードが中心。メインは、三次の中心市街地1.5kmを鼓、鉦、篠笛、の音色に踊りながら練り歩く「鼓おどり三次どんちゃん」の大パレード。そのほか、「わんぱく村」「きんさい村」「国際村」「21世紀村」の4つのイベントスペースが祭りを盛り上げる。
つつが龍頭峡まつり 広島県安芸太田町(龍頭峡
2018.7.29(日)AM9:00〜
龍頭峡での祭り。三谷川での、ヤマメのつかみ捕りや子ども宝探し大会、スタンプラリーなどが開催される。中でもヤマメのつかみ捕りは、実際の川に入ってのつかみ捕りで、子どもに大人気。大人2,200円 小学生1,000円 幼児無料。arrowブログ記事へ
2018.7.28(土)、8.4(土)、8.13(月) PM4:30〜PM9:00
柳井の夏を代表する祭り。柳井の代表的な民芸品である「金魚ちょうちん」がおよそ5,000個あちらこちらの会場に飾られ、幻想的な風景が醸し出される。白壁江戸祭りも開催され、金魚ちょうちんのねぶたが白壁の町を練り歩く。またフィナーレには花火が打ち上げられる。arrowブログ記事へ

長期イベント

三次の鵜飼 広島県三次市(鵜飼乗船場
2018.6.1(金)〜9.10(月) PM7:30〜
夏の風物詩「三次の鵜飼」。日本で唯一の「白の鵜」を見ることができる。潜水して魚を捕まえる鵜の習性を利用した伝統漁法で、「古事記」などにも登場している。馬洗川で行われ、遊覧船からその幽玄な歴史絵を楽しむことができる。遊覧船は期間中の毎夜運行する。
錦帯橋の鵜飼 山口県岩国市(錦川
2018.6.1(金)〜9.10(月) PM7:00〜PM9:00 
提灯と篝火を灯した舟から鵜匠により鵜飼が古式ゆかしく行われる。ライトアップされた錦帯橋と城山が伝統行事の情緒を盛り上げる。期間中の土日祝は昼も開催される。
2018.6.9(土)〜8.4(土)の毎土曜日 PM6:00〜PM9:00 
三原の本町中央通り・一丁目商栄会・帝人通り商栄会において、6月〜8月(第1週)までの毎週土曜日開催される夜市。大正14年から続く伝統のある夜市。商店街の中に、金魚すくい、カキ氷、タコ焼き、焼きそば、フライドポテト、生ビールや焼き鳥など、多くの夜店が出店し、大人から子どもまでたくさんの人でで賑わう。
免責事項:
当社が管理・運営するウェブサイトの情報の閲覧は、お客様ご自身の自己責任において行われるものであり、掲載されている情報等の内容の利用によっていかなるトラブル・損害(直接の損害、間接の損害の別を問いません)が発生したとしても、当社は、一切の責任を負いません。当社の管理・運営するウェブサイトの内容の完全さに関していかなる保証をするものではなく、間違い、不掲載についても、当社等は、一切の責任を負いません。

ページのトップへ戻る